おっかなビックリ親子英語

9歳と5歳の男の子。時間がある子供のうちに、英語を習得して バイリンガルになってもらいたい!

ムスリムのご家庭のカレーランチに招待された!手土産は何を持っていけば良い?

 

週末、パキスタンの方のお宅の

カレーランチに家族で招待されました。

 

何喋ればいいんだ??手土産は何持ってけばいいんだ??


準備がタイヘン!

 

オールイングリッシュ、、私、大丈夫かな??

 

 

ムスリムのご家庭のカレーランチに招待された!手土産は何を持っていけば良い?

 


行くのは土曜日なのに、月曜からもう

とにかく緊張してます。。


幼稚園生の子供は

『なんてお名前なの?家にいくの?えへへ~!!』

とか、なんか浮き足立ってますが

こっちはそれどころじゃありません。


とにかく、相手のことをちょっとでも知るべく下調べ。

 

ムスリムのお食事マナーってどんな?ほぼ体当たり

 

 

パキスタンって、パキスタン・イスラム共和国って名称なんですね。。

マナーの面でも、握手はしても良いのか?とか

手土産はどんなもの持って行ったら良いの?とか

いろいろ考えちゃいます。







うちはインターナショナルスクールが近いからなのか

外国人がわりとけっこう多く住む地域なんですが

うちから徒歩1分のところに

パキスタンの方が住んでるなんて知りませんでしたし

そのお宅にお邪魔するなんて、思ってもいませんでした。。

英語育児を始めてもうすぐ2年。

いつかは、クウマにも外国人のお友達ができればいいなーとは

思っていましたが、まさか私にとは。。






しかし、、

以前、これまた近所の図書館で出会ったタイ人女性が、

クウマに英語を教えてくれる(無料で!)

というラッキー事件がありましたが

私の英語力があまりにも貧しかったために

意思疎通が出来ず、

数回会っただけで音信不通になってしまうという

なんともモッタイナイ事&相手に申し訳ないをしてしまいました。






今回は、ご近所さんだし、穏便に済ませたい。。

そしてできれば

道で会ったら挨拶しあうくらいの仲にはなりたい!!

ランチに招待してくれるということは、

向こうにもそれくらいの気持ちはあると思います。

なので、どうにかランチ会を成功させるべく

英語の用意(ってなんだ)をしっかりしとかないと。。

ありがたいことに、ムンさんの英語はとっても綺麗で聞き取りやすいです。

残り少ない日にちを使って

ああ聞かれたらこういう!!みたいな

シミュレーションしたいと思います。


カレーランチに行ってきました

 

元々、ご近所で子供が同じくらいの歳、、とゆう縁で招待されたカレーランチです。



ムンさんちの子と仲良くできるかしら。。

食べ物の好き嫌いが激しいから

カレー?無理!とか言い出したらどうしよう。。

と思いつつ行ってきました。

 

 

 

まずは挨拶する

 

 

『すてきなおうちですね』とか

『あなたの手料理はどれもおいしいわ』とかを

英語で丸暗記していきましたが、

結果、暗記していたものの10%くらいしか発せませんでした。。

ランチ会中は、ヒヤ汗ダラダラ。薄着で行って正解。

私の発音が悪いのか、何回も聞きなおされるし、、涙。

 

 


まあ、私が英語のみで会話しようなんて、そもそも間違い。

ムンさんの旦那様が日本語けっこう喋れたので、どうにか命拾い。

 

意思の疎通がどうにかできました

 

ちなみに、うちの旦那さんは、最初っからオール日本語でした。。

 

 

あまり考えすぎず、宗教気にせず普通に接することにした

 

 

 

ムンさんの料理はどれもおいしかったです。

サラダも、チキンも、パスタも!!

 

 

 

手土産にポップコーンはダメだったみたい


 

 

ちなみに、手土産は近所にポップコーン屋さんができたので、

 

ポップコーン詰め合わせにしました。

 

(後記:のちに、公園に一緒に行ったとき、手土産のポップコーンのコンソメ味を池の鯉にあげているのを目撃。コンソメ味は宗教上食べない。ビーフが入ってたらしい。大変失礼なことをしてしまいました)

 

 

 

 

 

まとめ|ムスリムのご家庭のカレーランチを体験。宗教上のマナーは最初はわからないのでご本人に教えてもらった方が早い

 


そういえばランチの間、クウマといえば

ずっとムンさんちの長男と遊んでました。

最初こそ、表情こわばってましたが

男の子同士、遊び始めたら楽しかったみたいです。

 


ムンさんちも子供は男の子2人で、

クウマ(4歳)とアズ(11ヶ月)とちょうど同じ学年だったので

せっかくできた国際的な隣人ですので

子供同士もこれから仲良くなってもらいたいなー。

そして、ムンさんとの関係が良好でいられるように

私は英語力アップがんばります。

恥ずかしいですが、クウマにはこんな親の後ろ姿を見てもらって

英語を身近に感じてほしいです。。

 

 

さて、ムスリムのご家庭のカレーランチ、旦那さんが日本語がお上手で助かりました。

お酒は飲まないとか、断食の期間があるとか色々教えてもらいました。
ムスリムでも、厳格かゆるーい感じかとかはご家庭によって違うので、
食べられるものとかは直接本人に聞いた方が早かったかもしれません。

小学生とオーブン陶芸に挑戦!やってみて分かった成形~焼きの工程で注意するポイント3つ

f:id:chocoeigo:20201124144723j:plain

 

子供とのおうち時間を楽しむため、オーブン陶芸にチャレンジしました。

 

小学生の子供達も自分もオーブン陶芸は初めて。まずは土と触れ合うことを楽しもうと思いやってみました。

陶土さえ買ってしまえば、あとは工作感覚で練って形をつくるだけ。と、成形から乾燥、素焼きまではすごく簡単。

 

でも途中、何点かコツが必要な部分がありました。
粘土とおんなじ、とはいかないですね。

 

この記事では、小学生の子供とオーブン陶芸を楽しんだけど、最後のコート剤塗りで失敗してしまった体験談と、
初めてオーブン陶芸に挑戦するときは、新聞紙かガーゼがあった方が良いかも!とゆうお知らせです。

 

要点だけ揚げると以下の3つになります。

  • 接地面にくっつくのでガーゼか新聞紙が必要
  • 陶土がすぐパサつくので成形は30分以内に
  • コート剤塗りは気泡が入りやすいので慎重に

です。初めてオーブン陶芸をする方の参考になれば幸いです。

 

初めてのオーブン陶芸注意するポイント3つ

 今回はオーブン陶芸では有名な、ヤコのオーブン陶土を使用しました。
 実際に初めて陶土に触ってみて、思った感想です。

1.陶土が接地面にくっつくので、下にガーゼや新聞紙を敷いた方が扱いやすい

 陶土自体は、簡単に成形できます。とっても楽しい。
でも形を作って、よし!だいたい出来たかな?と思い持ち上げて全体を見ようとしたら、、陶土がテーブルにくっついて離れない(汗。

 

イメージとしては、油粘土のように簡単に板からはずれると思っていましたが。。
せっかく成形したのですが、テーブルから離そうとして力を入れると形が崩れてしまいました。

テーブルにくっついて離れなくなった陶土をこそげ落とし、しょうがなく作り直しです。

 成形するときは、陶土の下に、新聞紙かガーゼなどを敷いた方が良いです。

2.陶土はすぐ乾燥するので、成形は最初の30分が勝負

どんな形にしようかな、など土と対話しながらすすめていきたいところですが、陶土は意外に水分が飛ぶのが早いです。

成形した器の端がどんどん割れてきてしまいます。
陶土はビニール袋から出したら、早めに成形するのがおすすめです。

 水分を足して練り直せば、また新しく作り直せば良いのですが、練り直すのは意外と根気のいる作業なので小学生でも低学年だとたぶん途中で飽きてしまうでしょう。

練り直しのときに空気を含んでしまい、焼成時の割れ・変形の原因にもなりそうです。

 

3.最後の難関。コート剤塗りは気泡が入りやすいので注意

f:id:chocoeigo:20201124144726j:plain

コート剤塗りの際に気泡が入ってしまい、焼成後コート剤が浮いてしまった・コート剤が垂れてアルミホイルもくっついてしまった(上記画像)

 

 最後の工程が意外に難しかったです。
それは、コート剤塗り!

ツヤを出した方が見栄えが良いだろうと思い、ヤコのオーブン陶芸専用のコート剤を塗ってオーブンで焼成しました。

結果、コート剤がうまく塗れてなくて(哀。
焼き上がりの表面にブツブツが出てしまいました。

成形物とコート剤がうまく密着せず、間に気泡が入ってしまったんです。

気泡が付かないようにコート剤を塗るには?

新品の刷毛だと、余分な毛が混じっています。そのまま使うと 塗装面に浮いた毛がこびりついてしまいます。使う前によくしごいて余分な毛を抜いておいた方が良いなと思いました。
塗るときは、刷毛にコート剤をタップリ吸わせ、塗料の容器の端で刷毛の中の空気を追い出してから塗った方が失敗がないかもしれませんね。


まとめ|オーブン陶芸、子供は大満足!親は実用には程遠い仕上がりでした

陶土と粘土板とオーブンがあればお皿が作れる!とゆう画期的なオーブン陶芸。
実際にやってみても簡単にできて、子供もとても楽しんでいました。

 

工程は成形・乾燥・焼成ととてもシンプルです。
それだけに一発勝負なところがあります。

 

子供は陶土に触れただけで大満足。

親はせっかく作るなら実用的なものにしたい、と思い家族4人分の小皿をつくったら最後のコート剤塗りであえなく失敗。一期一会を味わう結果となりました。

中学受験の子たちとは張り合わない

 

f:id:chocoeigo:20190812051203j:plain

雷の影響で全員いったんプール外に避難。。

小4長男、泳げなくて水泳の授業が恥ずかしいって言うんで、夏休み中は短期の水泳教室いっぱい入れてます。
教室ない日にも、プールに行きたいと言ってきたので、クロールへの意気込みが感じられてお母さんとっても嬉しかったんですが、
思い出したように、一言

「クロールって、バタ足するっけ?」

って聞いてきました。まじか。
私に似て、相当ぼーっとしている子です。がんばれ。
中期・後期も申し込んでおいて良かった。

 

 

さて、中学受験はしない長男。

でも外野が色々うるさいです。

塾行った方が良いよ。とか。

 

小学生が行く塾と言えば、中学受験型か教科書追従型に分かれるところですが、うちは塾には通わず通信教育の「ちゃれんじ」にしました。

 

中学受験の子たちとは張り合わない

 


長男の自宅学習、ずーっとほったらかしで。
ほぼほぼ崩壊してる状態だったのを、ただ今、テコ入れしている最中です。
気付けばもう小4。。来年は高学年。。なんかヤバい。

 

とゆう訳で最近、進研ゼミのチャレンジ始めました。

理由は、ずっと捨て続けてたチャレンジからのダイレクトメールをうっかり見られてしまい、
まぁ、どーせやらないだろう、と思って


やってみる?ってダイレクトメール見せたら

やってみる!

って意外にも食らいついて来たので。。
やれるもんならやってみな!と思って申込みしました。


いやーホント、チャレンジってしつこくダイレクトメール送りつけて来ますよね。。そんで郵送物の内容が、読んだらなんか自分でもできそう!みたいな変な自信持たせるから。。おかげでこちらが根負けした感じで申込みのはこびとなりました。
メール郵送の停止してなかったので、いつかはこうなると思ってましたが。。

 

 

どうせ続かないんだろうな。。
でも、塾も行ってないし、、

せっかくだから
チャレンジ、頑張ってくれたら良いな。。

 

中学受験とは一線を画する学年追従型「ちゃれんじ」が意外に良い

 

 

実は、始めたばかりですが、チャレンジ意外と良いなって思い始めてます。
毎月のノルマがあって、それをこなせばOK!ってゆう
終わりが見えるので学習計画が立てやすいのが気楽です。

 

今までは、なるべく先取りしていきたいなって思っていた

 


中受の子達って、5年生までに小学校で習うものを全部終わらせる、ってよく聞くので、それが凄くカッコ良く思えたんですよね。。


そんな風に、やるべき事はさっさと終わらせて、あとは自分の好きなことを探究できる時間が6年生のとき1年間あったら、ものすごい素敵じゃん!て思って。

 


それで、スタディサプリとかZ会とか、家でできることを色々模索してたんですが、全然うまくいかなくて。。

 

そもそも中受の子と肩を並べようなんて発想がおこがましかった。

基本、教育ママなので、やる気はあるんですよ。。やる気だけ。

 

でも塾に行ってないのに塾と同じ進め方しようと思っても無理ですね。ノウハウとか持ってないんだから。

自分で出来ない事は、金か時間で解決するしかないのに、今までパートで忙しくしてて時間なかった上に、金も習い事にあててたから無い。

 


うちはガッツリ中受とかじゃないので、なんとかなるかー。と思ってて、気が付いたらこの有様でした。

 

勉強に関しては、模索している2年くらいを棒に降った感じになり、長男には申し訳ないです。

 

 

 

 


そこで!もう、ずっと勉強をおろそかにしていて、基礎も全然できてないから
まずは、勉強する習慣をしっかりつけるところから始めたいなーと思ってます。

 

 

照準を高校受験に合わせれば、なんとあと5年以上もあるんですよー(^^)。

基礎の「き」から始めても、余裕で間に合う気がしません?

 

 

まとめ|習い事しているので、スキマ時間にできる「ちゃれんじ」がうちでは重宝しています

 


まだ全然結果出せてないけど、
チャレンジ、良いですよー!国算理社に英語も付いてて。
家でできるから、送り迎えもしなくて済むし(動きたくない自堕落ママ)。。
勉強の進捗状況を親のスマホで確認できるので、なんとなく安心感。
6カ月契約したので、またしばらくしたら取り組み具合など報告します!

 

↓↓↓応援クリック、更新のはげみになります(*´Д`*;)!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ